40代アイメイクのやり方を詳しく紹介

40代になってから、アイメイクは今までと違って悩みを抱える女性も多いのではないでしょうか?40代になれば、目元のシワやたるみなど様々な問題が出てくると思います。

スポンサードリンク

40代でアイメイクは変えてる?!

40代でアイメイクは変えてる?!

年齢が、40代になったらメイクのやり方を変更していますか?スキンケアなどを変更する人は多いんですが、意外とアイメイクは若い頃のままという方も結構いるんです。

ですが40代は肌の感じも若い頃とは大きく変わってくるので、自分の年齢に合ったアイメイクを行うようにしましょう!

40代でNGなアイメイク

40代でNGなアイメイク

40代のアイメイクでNGなアイメイクは、アイシャドウを塗らないのはダメです!40代になると、目元がくすんできますので、たるんできたり年齢の変化が出てきます。

アイシャドウを塗らずにいると、その変化が目立ってしまいます。

メイクの厚塗りも禁止!

メイクの厚塗りも禁止!

メイクの厚塗りも禁止です!自分のパーツの悪い部分を隠そうとして、厚塗りするのもNGです。化粧を厚くした場合、シワやたるみなどが逆に目立ってしまいます。

そして下品な印象を持たれる事もあるので十分に注意して下さい。

ダークメイクもNG

メイクの厚塗りも禁止!

ダークメイクも「くぼみ」などが目立つのでNGです。ブラックやダークブラウン系の濃いアイシャドウやアイメイクもあまりオススメ出来ません!暗い色は、くぼみが目立つので明るめのカラーの方がよいです。

アイシャドウも重要!

40代 アイシャドウ

アイメイクでは、アイシャドウも非常に重要になってきます。そこでどんなアイシャドウを選べばいいのか?という事を詳しく紹介していきます。

アイシャドウはツヤ感重視で

アイシャドウはツヤ感重視で

アイシャドウはツヤ感のある物を選択しましょう!ツヤ感のシャドウでくすみを飛ばす効果があります。くすみやクマなどが目立たなくするのは、ツヤ感のあるアイシャドウで目元を明るく見せるのがポイントです。

スポンサードリンク

まずは、アイホールに、クリーム系のアイシャドウを塗ってくすみを飛ばしましょう!

40代 アイメイク

この時は、明るめのブラウンやゴールド系が肌になじみやすくオススメです。

そして明るめのブラウンやゴールド系などで目の際に沿ってグラデーションを作るように乗せていきます。この時に、多色使いしてしまうと、濃いメイクになってしまうので注意して下さい。

まぶたを明るく見せるポイントは、パール系の粒子入りの物を選ぶと良いですよ。

下まぶたもしっかり明るく

下まぶたもしっかり明るく

40代に突入すると、下まぶたがたるんでくる人もいます。このたるみを少しでも目立たなくするには、下まぶたも明るくして影を作らなくする事でたるみを軽減させてくれます。

目頭~目尻に向かって3分2の位置にイエローもしくはパール系のアイシャドウを乗せます。これで、まぶたを引き締める事が出来ますし、白目の部分をキレイに見せる事も出来るんです。

アイラインは少し長めに描く!

アイラインは少し長めに描く!

アイラインを引く時は、自分のまぶたよりも少し長めに引く事がポイントになってきます。そして目尻の部分を少し跳ね上げ気味にする事でリストアップ効果があるんですよ。

ですが長く引きすぎると、不自然になるので「やりすぎ」には十分注意して下さい。

40代アイメイクまとめ

どうでしたか?40代になるとしっかりと自分の年齢と向き合っていかなくてはいけません!今までみたいな若い頃のメイクではなく、今の自分を最高の姿にする事の出来るメイク方法を実践する事で、いつまでも素敵な女性で居る事が出来るんですよ。

関連記事
一重でも可愛いナチュラルメイクのやり方
篠原涼子が綺麗過ぎる☆メイクを似せるコツは?!
篠原涼子の髪型のポイントは色っぽい前髪

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ